ブログ

公的成功は、まったく新しい次元の領域

13217535_497761387084861_1180000821141980026_o

【公的成功は、まったく新しい次元の領域】
 

「自立から相互依存の領域に足を踏み入れた瞬間に、
リーダーシップの役割を引き受けたことになる。」
<完訳版「7つの習慣」P288,7行目より>
 

 
 
 
・・・この言葉にあるように、
 
「7つの習慣」とその他の自己啓発書と一線を画すのは、
個人的な目標達成や願望成就といった
 
「私的成功」や「自立のステージ」にとどまらず、
  
「公的成功」や「相互依存の領域」を
触れている点です。
 
 
そして、
この公的成功のステージについて
コヴィー博士はこのようにおしゃっています。

これから入っていく相互依存の世界は、
まったく新しい次元の領域である。
 
深く豊かで、意味のある人間関係を築き、
私たちの生産性を飛躍的に伸ばす機会に満ち、
奉仕し、貢献し、学び、成長する喜びを与えてくれる世界でもある。
 
<完訳版「7つの習慣」P256,12行目より>

 
 
「私的成功・自立」というステージの先にある
 
 
「公的成功・相互依存」のステージ。
 
 
深く豊かで真の喜びを与えてくれるものでもありながら
「全く新しい次元」という言葉にあるように、
まさに、第1~第3の習慣で土台を構築する必要性があります。
 
  
 
●相手を理解することは、自分の人格を高めることである。奥がとても深い。
 
●「まず理解に徹し、そして理解される」のパラダイムではない自分に気がついた
 
●知らずしらずに、自分のことを理解してもらおうと思いがちになってしまっている
 
●「きちんと理解してもらう」という意識もあまりなかった
  
 
このように第3クールでは、
第5の習慣である「まず理解に徹し、そして理解される」
についての感想もたくさん出てきます。
 
 
まさに、
第5の習慣では、あなた自身の人格が問われるのです。
 
 
「相手を理解する」ことについて、
コヴィー博士はこのようにおしゃっています。
 
 

相手の話を深く聴くには、強い安定性が必要になる。
自分自身が心を開くことによって、相手から影響を
受けるからだ。傷つくこともあるだろう。
 
それでも相手に影響を与えようと思ったら、
自分もその人から影響を受けなければならない。
 
それが本当に相手を理解することなのである。
 
<完訳版「7つの習慣」P349,10行目より>

 
 
相手を目と耳と心で理解するほど、
尊いものは、ないかもしれません。
 
 
そして、
心から理解することなしに、
信頼関係を築くことはできないのです。
 
 
あなたは、日常生活の中で、
どれだけあなたの経験ではなく、
ご自身のパラダイムではなく、
 
 
相手のパラダイムで
相手の見ている世界で見ようとし、
目と耳と心で理解しようとしていますか?
 
 
あなたの大切な周りの人を
心から理解しようとする姿勢が
良い影響・変化をもたらしていきます。

  • 公的成功は、まったく新しい次元の領域 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る