ブログ

【実践例紹介】家族関係がどう変わったのか?

【世界初の企画】ということもあり、
非常に多くの方に興味・関心をお持ちいただいた

「7つの習慣・実践会ファシリテーター養成講座」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そして、

「実際の第0期受講生の変化・成果を聴きたい」

というお声も多数いただきました。

そこで、ご要望にお応えし、
たった4ヶ月間、「7つの習慣」を実践しただけでも、

仕事、家族、プライベートに様々な変化を起こした
実践事例を数回にわたってご紹介していきます。

もしかしたら、
あなたも、このような経験はないでしょうか?

家族のためにも、
一生懸命仕事をがんばっているにも関わらず、
家族や子どもとの時間が十分もてていない…

帰りがいつも、
子どもが寝た後に帰宅。
土日も仕事に追われる毎日…

「7つの習慣」の効果をもたらすためには、読んだだけで終わるのでなく
実践して、はじめて効果性が発揮されます。

しかし、頭でわかっていても、
「7つの習慣」を実践することは容易ではありません。

そして、0期生の宮尾さん(外資系会社員)もそのお一人でした。


養成講座受講前は、多忙を極める仕事。
家族のためにも一生懸命仕事をがんばっているにも関わらず、逆効果。

仕事で忙しくするあまり、
6歳と3歳の子どもがいる中、帰りがいつも、
子どもが寝た後に帰宅。

そのために、家族関係もギクシャクし、
やっていることが空回りになっていました。

まさに、
今、自分自身を振り返ると、

第2の習慣の
「内面の中心にあるもの」が、
「仕事中心」だったと語ります。

恐らく、仕事に一生懸命打ち込む方ほど、
このような傾向が多いのではないでしょうか。

このような宮尾さんですが、
養成講座受講中に、

”ある2つの事”を実践することによって、

ご自身のパラダイムが変化し、
家族関係に大きな変化がありました。

この4カ月間を通じて、
「7つの習慣」を実践して宮尾さんに行った変化を
3分ほどの動画ですので、ぜひこちらからご覧ください。



  • 【実践例紹介】家族関係がどう変わったのか? はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る