セミナー&ワークショップのご案内


「7つの習慣」著者コヴィー博士が生涯をかけて研究した「リーダーシップ論」の集大成リーダーシップ・エッセンシャルズ 完訳 7つの習慣人格主義の回復
7つの習慣®実践会ワークショップに今すぐ参加する!
7つの習慣®実践会ワークショップに今すぐ参加する!
※書籍をこの機会に手に入れたい方は、書店でも5,400円になりますので、6,000円の参加費で2冊手に入れることができお得です。

※すでにお申込みされていただいている方で、書籍をすでに持っていらっしゃる方は、会場にて4,000円をキャッシュバックいたします。
「7つの習慣」の重要ポイントがわかる!特別ワークショップを体験!

今回の「7つの習慣®実践会 特別ワークショップ&事業説明会&相談会」に参加された方には、実際に協会の認定ファシリテーターが行うワークショップを体験していただきます。

「7つの習慣」初心者の方でも、
何十回も読み込んだ愛読者のかたでも、
このワークショップを受けるだけでも、参加費以上の価値を必ずご提供いたします。

7つの習慣®実践会ワークショップに今すぐ参加する!

お世話になります、一般社団法人7つの習慣アカデミー協会
代表理事を務めます斎東亮完(さいとう りょうかん)です。

「7つの習慣」は、ビジネス書・世界一のベストセラーであり、世界中のリーダーたちが絶賛する座右の書。

世界147カ国に展開されている「7つの習慣」の高いブランド・クオリティー を堅守するために、今まで「7つの習慣」認定ファシリテーター制度は、一部の法人で社内限定制度しかありませんでした。

私たち一般個人が、「7つの習慣」を伝道したい、広めていく活動をしたいと思っても、 活動する認定制度・プログラムは無かったのです。
しかし、「7つの習慣」がアメリカで発刊されて四半世紀が経った2015年10月、フランクリン・コヴィー・ジャパン社と提携し、世界で初めて一般個人向けに「7つの習慣」をの認定プログラムが実現しました。

そして、
【1】初心者でも、学ぶ意欲があれば「7つの習慣」をマスターできる研修プログラムであること
【2】未経験者でも、「7つの習慣(R)実践会」(読書会ワークショップ)をファシリテーションできるようになる研修プログラムであること


この2つの高い基準をクリアし、遂に出来たプログラムが、 今回募集する 「7つの習慣(R)実践会」認定ファシリテーター養成講座です。

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の公認として、 全世界147か国の中で世界初プログラムとなっています。

どうやって、「7つの習慣」をマスター(実践習熟)していくかというと、
協会認定・実践会ファシリテーターとして伝える立場に立つことで、「7つの習慣」のマスター度(実践習熟度)が格段に上がっていくのです。

参加者からの質問、相談に応えていく中で、
あなたの中に「7つの習慣・実践事例」(マスターとしての引き出し)がどんどん蓄積していきます。

コヴィー博士も書籍の中で明言していますが、
「教えることが一番の学び・成長の機会。実践・マスターの機会。」になるのです。

このミッションに共感・賛同してくれた仲間たちがリーダーになるべく動き始めています。
認定集合写真

藤井様(女性起業家)

私に話を聴きたいという人は急に何人も増えた。
それが仕事につながったこともあり、驚いている。

N.Y様(女性起業家)

日々の生活態度や人にも、ものにも、仕事など、周囲への話し方、接し方が変化している。
ミッション・ステートメントを基にした凛とした自分が気持ちいい。

山本様(美容整形外科・経営者)

一番自分の変化になったものは「聞き方」です。第五の習慣「理解に徹して理解される」。
この実践ワークを行った次の日に会社の会議でまず従業員の言うことをしっかり聞いて、 従業員の言葉を理解して伝えていくを繰り返していった。
そうしたら従業員の方から「第三の案」がでました。身震いしました 。
その時に私のパラダイムは変わりました。

実を言うと私の会社は、トラブルと問題続きで、ほぼ毎日トラブルや問題があったのですが、 1週間から10日に1回くらいのペースで、そのトラブルや問題を平定しに、私が呼び出されて行かなくてはいけないという感じで、すごく苦しかったです。今回の7つの習慣に行く前も、色々な自己啓発のセミナーにいっぱい行っていました。だけど、そこでは治らなかったんです。
私の会社の困難は1年半、私はトラブルの火消しをやっていました。その火消しは嫌だった。
何の達成感もない。何も得るところがない。火種はあるから、何回でも火が燃え上がって、こっちでボヤ、あっちでボヤという状態でした。

でも今は違います。
7つの習慣で実践をできるようにと思っているので、トラブルや問題はむしろチャンス。
何か問題があったと聞いたら、すぐさま出かけていって火消しをやっていくうちに、2週間経って、今は全然火がつかなくなりました。もう火消し全然していません。

やっぱりwin-loseよりもwin-winの方が、絶対に上手くいくって思いました。私が最後にお伝えしたいことは、私が生まれた時よりもほんの少し、この世界を良くしてこの世界を去りたいと思います。

宇佐美様(主婦・元教師)

今回、7つの習慣に出会って、これに参加したいと言った時に主人はとても喜んでくれて、家のことは心配しなくていいから、行っておいでと言ってくれました。
本当に主人には感謝しています。

高校生の子供が2人いるんですが、娘との関係があまり良くありませんでした。中高一貫校に入ったにも関わらず、勉強をまったくせず成績は下から数えた方が早い、遅刻欠席も多いという、そういう娘でした。
それを私はいつも、やらなければいけない。自分は一生懸命がんばってここまで来たのだから、がんばってほしいという思いで、娘を叱咤激励をすることが多かったのです。

関わりを変えようということで、この7つの習慣の講座にこさせてもらってから、ずっとワークで自分を見つめ直し、そして娘との関わり合いを変えていきました。

低迷していた娘だったのですが、この度、私立大学に2校も合格をいただきまして、7つの習慣に関わってなかったら、なかったことだなというふうに思っています。
私は自分の体験を踏まえて、周りのお母さんたち女性たちに7つの習慣を知っていただいて、笑顔で子育てができるように、サポートをしたいなと思っています。

それを実践会を通じて、まず私が実践し、そしてみなさんに伝えていくそういう人になりたいと思います。

石倉様(印刷会社・経営者)

いろんな学びをさせていただきましたが、その中での一番のお気に入りは、「流れを変える人になる」です。

流れを変える人になるというのは、講座の始まる前は、理解というのは、本当に理屈だけでした。
会社の社長を、させていただいていますが、自分が変わって会社に影響を与えるという意味では、流れを変えるのだろうなという程度に理解をしていましたが、だんだん講座を進めていくにつれて、想像がどんどん広がってくるんです。

要するに会社はもちろんですけれども、そこに関わるお客様、取引先、ビジネスだけではなく家庭や友人、そうやってどんどん流れを変えることができる。

世界や空間がものすごく広がってくるなと思いながら、さらに未来が変えられる。未来が変えられ世界を変える。今までは世界の裏で、中東で色々なことがありますが、もう自分の力では何ももう影響を、及ぼすことはできないわけなので、せいぜい残酷なシーンに心を痛めながらニュースを傍観者として見ているということだったのですが、もしも7つの習慣を世界中の人々が、習熟したとしたらと考えると戦争は起きないだろうなと思いました。

本当にこの一滴の波紋から広がるとするならば、これはありなんだと心底から思えるようになりました。最後に改めて間違いなく言えるのは、ここに入っていなければ、せいぜい読んで1回でした。

分かったつもりでいたと思いますが本当にご縁があって、協会で受講させていただいた。みなさんと一緒にできたことが、続いた証だと思いますので、本当にありがとうございました。感謝してもしきれません。

井上様(通信販売業・経営者)

私の7つの習慣との出会いを話させてもらうと、本をただとった人間だったんです。それが26歳の時です。その後、自分の人生で今から15年前に独立しようということで、色々と考えて自分で仕事をスタートした時に、人とのコミュニケーションで、色々と悩んだことがたくさんありました。

その時に7つの習慣が、ものすごく入ってきました。その中でも、お医者さんのお話しで、診断する前に処方箋を出しているお医者さんを、あなたは信じますかというフレーズが、相互依存のところにあるとおもうのですが、コミュニケーションの中で、毎回それをやっていました。
自分の考えを押し付けてしまったり、自分の意志を通そうとしてしまったり。

「第五の習慣」とにかく話しを聞こうということで、なかなか自分の答えを出さずに、本当に寄り添って聞いていくうちに、何が生まれたかといったら、自分の意思をしゃべっていないのに相手が理解していくということが、どんどん起こったのです。

そんな自分が仕事が順調にいきだした、きっかけを与えてくれたのが7つの習慣なんです。

これは絶対に周りに伝えたい、ただ自分が理解することと、人に伝えるのは全然違う。なかなか伝わっていかないし、読んでいただけないし、それがこの協会の皆さんは「それスペースですね」って言ったら「その通り」って2秒後に返ってくる嬉しさ。

この環境は本当に他には無いなと、そういった環境に自分の身を置けたということが、本当に財産だし、そんな中で、自分のミッションが弱い部分がありました。それがこの4ヶ月間の中で、自分自身ミッションも固まってきました。みなさんに今日宣言できることは、僕はまず実践会、まず自分が1年間の内に100人の方にファシリテートすると決めました。

伊勢崎様(女性起業家)

7つの習慣ならではの、言葉やキーワードが飛び交っている。家族のパラダイムが明らかに変化しました。

高橋様(男性学校教師)

職場で違う意見に対して、「まずきく」ことを実践し、お互いにとって良い結果を共有できることが増えました。そして、自分をバランスよく磨く意識と実践⇒自分の安定

この変化に気づいてくれている人がいました。信頼残高の貯金が出来てきている気がしています。

W.S様

書籍の内容を独自に解釈して伝えてはいけないということが、大きな気づきでした。やはり、ついつい、今ままでの自分の経験・知識から、独自の解釈をしてしまっていることに気が付きました。

しかし、それでは、あくまで自分の解釈の範疇であって、本当の理解には到達できないということを痛感しました。

書籍に徹底的に準拠し、マスターすることの凄さと、そして、マスターした時の自分をイメージすると、本当にワクワクします。

N.K様

もっともっと深く7つの習慣を読み込まなくてはならないといけないと感じました。ただ、実際に実践会のデモをすることで、自分自身が楽しかったし、参加する人に、とても良い気づきを起こしもらえるシステムだと感じました。

今後も、たくさん実践会(デモ含む)を開催することで、さらに洗練されていくと、確信が得られました。

塚本様(会社員)

日常生活・家庭で「7つの習慣」を共通言語として、使うようになり、夫婦間での会話に尊重・尊敬が生まれました。

「完訳 7つの習慣」を1から10まで学び、さらにファシリテーターとして他者に実践を促すことで、学びを深めることができる環境に身を置けます。

赤川様(公務員)

時間をどうにかして生み出そうとする意識が芽生えました。そして、忙しい中でも、実際に時間は作り出せると実感しました。

「言い訳している自分」、「弱い自分」、自分自身と向き合う中で、「新たな自分」に出会えました。また、ミッションステートメントも見直すことで、原則中心に基づいて選択・決断することができるようになりました。

『7つの習慣®実践会』のより具体的な内容をお伝えする事業説明会を行います。

「7つの習慣®実践会」は、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社公認、全世界147か国の中で世界初プログラムとなって います。

この事業説明会では「7つの習慣®実践会」のより詳しい内容は もちろん、実践会を開催できるファシリテーターになるための 必要なスキルや資格取得の流れや、
先輩ファシリテーターの活動事例もご紹介します。

『7つの習慣®実践会』ファシリテーター養成講義風景


協会本部講師による7つの習慣の徹底指導。実践者ならではの体験談や応用事例、正確な理解ができます。

同じ志を持つ仲間だからこそ、グループワークを通じてシナジー効果が生み出されます。

徹底的なアウトプット中心のカリキュラムにより、あなたの日常生活で実践できる。実践せざるを得ない環境

今回の事業説明会&ワークショップでは…

  • ワーク形式で行う、第二の習慣「ミッション・ステートメント」の作成
  • 第三の習慣「最優先事項を優先する」ためにもっとも重要な概念
  • ファシリテーターになったら何ができるのか?
  • どのような肩書で活動ができるのか?
  • 協会がこれからミッション・ビジョン実現のために行っていく活動方針
  • 協会としてどのようにファシリテーターを支援していくのか
  • どういったカリキュラムの講座なのか?
  • 講座の日程、費用

などを私がお話させて頂きます。

もちろん、「7つの習慣をこれまで読んだことがないんですが…。」
「一度読んだくらいで中身はほとんど覚えていません…。」のご参加も大歓迎。

「7つの習慣®実践会」に興味を持たれるかどうかは別として、
今回のプロジェクトや協会の活動が、 7つの習慣を読み始める・読み直すきっかけになってくれれば何よりだと思っています。

ですから、そのような「7つの習慣ビギナー」の方も会場でお会いできることを楽しみにしています。

『7つの習慣®実践会』事業説明会&ワークショップ

説明会には各回定員がございます。決済完了順でお座席 を確保させていただきますのでお早めに申込ください。

【開催日時】 8月21日(月) 13:00~16:00 東京 20名 追加開催
8月21日(月) 18:30~21:30 東京 20名 追加開催
8月22日(火) 13:00~16:00 東京 20名 追加開催
8月22日(火) 18:30~21:30 東京 20名 追加開催

7月26日(水) 13:00~16:00 東京 20名 終了
7月26日(水) 18:30~21:30 東京 20名 終了
7月28日(金) 13:00~16:00 東京 20名 終了
7月28日(金) 18:30~21:30 東京 20名 終了
7月29日(土) 13:00~16:00 東京 20名 終了
7月29日(土) 18:30~21:30 東京 20名 終了
7月30日(日) 13:00~16:00 東京 20名 終了
7月31日(月) 13:00~16:00 東京 20名 終了
7月31日(月) 18:30~21:30 東京 20名 残り5名
【開催場所】

8月21日(月)、8月22日(火)
上記 2日間の会場は下記になります。
TKP品川カンファレンスセンター
【アクセス】

【定員】 各20名
【備考】持ち物 筆記用具、名刺
【参加費】 10,000円 → 開催記念特別価格(書籍2冊付き)6,000円
10,000円 → 開催記念特別価格(書籍2冊なし)2,000円

参加費はセミナー開催日までに、案内に従いお支払いください。
※各会場の定員20名に到達次第、受付終了となりますのでご検討されている方は、是非、お早めにお申し込みくださいませ。

※書籍をこの機会に手に入れたい方は、書店でも5,400円になりますので、6,000円の参加費で2冊手に入れることができお得です。

※すでにお申込みされていただいている方で、書籍をすでに持っていらっしゃる方は、会場にて4,000円をキャッシュバックいたします。

7つの習慣®実践会ワークショップに今すぐ参加する!
7つの習慣®実践会ワークショップに今すぐ参加する!
※書籍をこの機会に手に入れたい方は、書店でも5,400円になりますので、6,000円の参加費で2冊手に入れることができお得です。

※すでにお申込みされていただいている方で、書籍をすでに持っていらっしゃる方は、会場にて4,000円をキャッシュバックいたします。

あなたの成功は、あくまでスタートラインです。

「7つの習慣の実践」を通して日々の行動が習慣化されることで、
仕事の取組み、人間関係、家族関係は今以上に好転していくでしょう。

「7つの習慣は確かにいいけど、なかなか実践となると…。」
と考えている生徒たちにとっては、あなたの体験、経験、変化こそが、
「実践」の一歩を踏み出す勇気と自信になるのです。

あなたの更なる成功はあくまでスタートラインです。
その成功体験を、一人でも多くの方に伝えてほしいのです。

あなたと事業説明会会場でお会いできることを楽しみにしています。

特別ワークショップ&事業説明会&相談会に参加すればこれら2つの書籍をもれなくプレゼントします。
「7つの習慣」著者コヴィー博士が生涯をかけて研究した「リーダーシップ論」の集大成リーダーシップ・エッセンシャルズ

「7つの習慣」著者・コヴィー博士が提唱する考え・哲学のすべては、最終的には「リーダーシップ」にたどり着きます。
自分自身に対して、人間関係、チーム、組織の中で、それぞれが置かれた立場や役割に関係なく、正しくリーダーシップを発揮することができれば、より効果的で大きな結果を生み出すことができるようになります。

では、役割ごとにどのようなリーダーシップが求められるのか?そしてどのようにリーダーシップを発揮すればよいのか? など、リーダーシップに関する叡智を編纂したのが、本書「リーダーシップ・エッセンシャル」です。

- 目次 -

はじめに
このリーダーシップ・エッセンシャルでお伝えしたいこと ………1

Chapter1 リーダーシップとは何か?
リーダーシップを知る ……… 16
リーダーシップとはだれのものか? ……… 16
リーダーシップとは選択である ……… 19
リーダーシップとは役割である ……… 20
リーダーシップとは変革である ……… 23
リーダーシップとはパラダイムである ……… 25
リーダーシップとは人格である ……… 27
リーダーシップとは傾聴である ……… 30
リーダーシップとはミッション・ステートメントである ……… 33
リーダーシップとはサーバントである ……… 35
リーダーシップとはプロセスである ……… 38
リーダーシップとは他者のリーダーシップを導くものである ……… 41

Chapter2 リーダーシップの四つのレベル
インサイド・アウトのアプローチ ……… 46
個人から組織へと広がるリーダーシップの四つのレベル ……… 46
インサイド・アウトのパラダイム―問題の見方こそが問題である ……… 48
考え方の新しいレベル―自分自身の内面から始める……… 51
流れを変える人になる ……… 53

Chapter3 個人におけるリーダーシップ=セルフ・リーダーシップ
個人リーダーシップの原則 ……… 60
個人の信頼性:人格と能力 人格の側面 ……… 60
信頼性/人格の三つの側面/能力の三つの側面
刺激、反応、そして選択の自由 ……… 64
決定論的パラダイム/四つの能力による選択の自由/率先力を発揮する/作用するか、作用されるか
原則中心のパラダイム ……… 74
原則―人間が持つ自然の法則/原則に基づいた人格を持つ
コンパスによるリーダーシップ
影響の輪と関心の輪 ……… 82
影響の輪に集中する/すべての問題は影響できる/影響の輪を広げる/
「持つ」か「なる」か/成功は失敗の彼方にある/生活の主導権を取り戻す
自分の中にコンパスを持つ:ボイスを発見する ……… 93
自分の弔辞を読む/成功の梯子/すべてのものは二度つくられる
人生の新しい脚本/人生の知的創造/個人的なミッション・ステートメント
役割と目標を決める/長期的な目標/ボイスを発見する:ムハマド・ユヌス
個としてのかけがえのない意義/ビジョン、自制心、情熱そして良心
優先すべきことを優先する、実行の原則 ……… 121
効果性の定義/「P」を生み出す三つの資産とは
時間管理の四つの世代
生き方を変える第Ⅱ領域
緊急中毒
第Ⅱ領域時間管理 重要事項を優先する方法とは ……… 132
庭師がいないところに庭はできない/第一ステップ―ビジョンとミッションを結びつける
第二ステップ―自分の役割を確認する
第三ステップ―それぞれの役割に対して第Ⅱ領域の目標を選ぶ
第四ステップ―「週ごとの意思決定」の体制づくり
第五ステップ―選択の瞬間に誠実に行動する
第六ステップ―時間の使い方と活動を、週ごとに評価してみる
実行の六つの原則 ……… 147

Chapter4 人間関係におけるリーダーシップ
リーダーに求められる人間関係 ……… 152
信頼関係を築く ……… 152
信頼性に基づく信頼/道徳的権威と信頼がもたらすスピード/
1. まず理解されるように努める/
2. 約束をしてそれを守る/
3. 正直と誠実/
4. 親切と礼儀正しさ/
5.Win-Win またはNo Deal(取引しない)の考え方/
6. 期待を明確にする/
7. 不在者に対して忠節を尽くす/
8. 謝罪する/
9. フィードバックをやり取りする/
10. 許す/信頼とは動詞である
人間関係におけるリーダーシップのパラダイム ……… 170
競争のパラダイム/人間関係の六つのパラダイム/最も優れているパラダイムはどれか
感情移入のコミュニケーションの原則 ……… 183
診断せずに処方する/人に影響を与える鍵は人に影響されること/
相手を本当に理解するためには/
診断に信頼性がなければ、処方を信頼することはできない
四つの自叙伝的な反応と感情移入
まず理解することを求めよ
インディアン・トーキング・スティック
創造的な協力 相乗効果を発揮する ……… 206?
相乗効果こそが目指すべき目的/コミュニケーションのアドベンチャー
二者択一思考/二者択一から第3の案へ/シナジーの原則
大いなる中間層/シナジーのパラダイム/
パラダイム1:私は自分自身を見る/
パラダイム2:私はあなたを見る/人はモノではない/
パラダイム3:私はあなたの考えを求める/
パラダイム4:私はあなたとシナジーを起こす/シナジーのプロセス
シナジーに到達する四つのステップ ……… 232
ステップ1:第3の案を探そうと問いかける/
ステップ2:成功の基準を定義する/
ステップ3:第3の案を創造する/
ステップ4:シナジーに到達する

Chapter5 チームのレベルにおけるリーダーシップの原則
チームリーダー四つの役割 ……… 240
全人格型パラダイム ……… 240
時代の変遷とパラダイム・シフト/産業の時代の「モノ型思考様式」/
共依存関係の悪循環/私たちには選択肢がある/
慢性的問題と急性的問題/
四つの慢性的問題とその急性症状を予測する/
産業の時代の反応/
企業におけるリーダーシップの問題を解決する「リーダーの四つの役割」
リーダーの四つの役割 1. 模範になる ……… 256
リーダーシップの中核、模範になる/信頼関係を築く/トリム・タブになる
リーダーの四つの役割 2. 方向性を示す ……… 261
チームや組織が目指すものは何か/四つの現実/
ビジョンと価値観の共有を実現する/
方向性を示すツール:ミッション・ステートメント/
ミッション・ステートメントと組織の四つの側面/
ノー・マージン、ノー・ミッション
リーダーの四つの役割 3. 組織を整える ……… 271
組織における目的と制度、システム/組織的信頼感/目標達成と能力開発とのバランスを取る/戦略計画の実行
リーダーの四つの役割 4. エンパワーメントを進める ……… 279
知識労働者のエンパワーメントを進める/
Win-Win エンパワーメント:産業時代から知識労働者時代への転換/
サーバント・リーダー/肉体労働者を知識労働者に変える―用務員の事例

Chapter6 組織のレベルにおけるリーダーシップの原則
複数のチームを束ねる ……… 290
PCL パラダイム 一つのPと七つのS ……… 291
人間(People)/自己(Self)/スタイル(Style)/スキル(Skill)/共有されたビジョンと原則(Shared vision principle)/構造とシステム(Structure and system)/戦略/環境/四つの特徴
組織における相乗効果 ……… 299
相乗効果のプロセスを体験する/相乗効果的なコミュニケーション/「成功」を妨げるブレーキをはずせ/対立かシナジーか/二者択一:闘うか、逃げるか/第3の案を探す:シナジー/傲慢―シナジーを阻む大いなる壁/GET/シナジーの革新力/第3の案を探すチーム/第3の案を生み出す合併/プロトタイピングとカウンタータイピング /プロトタイプを組み合わせる/ビジネスモデルのカウンタータイプをつくる

Chapter7 日常にある偉大さを果たす Everyday Greatness
成功と偉大さ ……… 332
日常にある偉大さ Everyday Greatness ……… 332
第一の選択―行動を選ぶ/第二の選択―目的を選ぶ/第三の選択―原則を選ぶ/あなたの場合はどうするか
クレッシェンドの人生を生きる ……… 338
永遠のバケーションvs. 永遠のミッション

Chapter8 スティーブン・R・コヴィー博士著書系譜
7つの習慣 成功には原則があった! ……… 348
第8の習慣 「効果」から「偉大」へ ……… 350
第3の案 成功者の選択 ……… 352
7つの習慣 原則中心リーダーシップ ……… 354
7つの習慣 最優先事項 「人生の選択」と時間の原則 ……… 356
7つの習慣 ファミリー ……… 357
7つの習慣 演習ノート ……… 358
7つの習慣 実践ストーリー1~4 ……… 359
第8の習慣 演習ノート ……… 360
偉大なる選択 偉大な貢献は、日常にある小さな選択から始まった ……… 361
子どもたちに「7つの習慣」を リーダーシップ教育が生み出した奇跡 ………362
結果を出すリーダーになる ……… 363
グレート・キャリア 最高の仕事に出会い、偉大な貢献をするために ……… 364
スティーブン・R・コヴィーの至言 ……… 365

完訳 7つの習慣人格主義の回復

全世界3,000万部。日本国内でも200万部。全世界147か国に広がるご存じ世界的名著、人生哲学の定番、「7つの習慣」の完訳版です。

激動の時代だからこそ、決して変わることのない「人生の軸」を必要としている方が多いのではないでしょうか? 「まだ読んだことがない…」という方も、「だいぶ前に読んだ…」という方も。真の成功を手に入れるための人生の座右の書として、ぜひ手に入れてください。

- 目次 -

第一部 パラダイムと原則
* インサイド・アウト
* 個性主義と人格主義
* 第一の偉大さ、第二の偉大さ
* パラダイムの力
* パラダイムシフトの力
* 見方=あり方
* 原則中心のパラダイム
* 成長と変化の原則
* 問題の見かたこそが問題である
* 新しいレベルの思考

* 7つの習慣とは
* 「習慣」の定義
* 成長の連続体
* 効果性の定義
* 三つの資産とは
* 組織の成果を生み出す能力
* この本の活用方法
* この本がもたらしてくれること

* 第二部 私的成功
* 第1の習慣 主体的である パーソナル・ビジョンの原則
* 社会通念の鏡
* 刺激と反応の間
* 「主体性」の定義
* 率先力を発揮する
* 自分から動くのか 動かされるのか
* 言葉に耳を傾ける
* 関心の輪/影響の輪
* 直接的・間接的にコントロールできること、そしてコントロールできないこと
* 影響の輪を広げる
* 「持つ」と「ある」
* 棒の反対側
* 決意を守る
* 主体性:30日間テスト
* 第一の習慣:主体的である 実践編

* 第2の習慣 終わりを思い描くことから始めるパーソナル・リーダーシップの原則
* 「終わりを思い描くことから始める」とは?
* すべてのものは二度つくられる
* 描くか委ねるか
* リーダーシップとマネジメント:2つの創造
* 脚本を書き直す:あなた自身の第一の創造者となる
* 個人のミッション・ステートメント
* 内面の中心にあるもの
* さまざまな中心
* あなたの中心を明らかにする
* 原則中心
* 個人のミッション・ステートメント
* 脳全体を使う
* 右脳を活用する2つの方法
* 役割と目標を特定する
* 家族のミッション・ステートメント
* 組織のミッション・ステートメント
* 第2の習慣:終わりを思い描くことから始める 実践編

* 第3の習慣 最優先事項を優先する パーソナル・マネジメントの原則
* 意志の力
* 時間管理の4つの世代
* 第二領域
* 「ノー」と言うためには
* 第二領域に入るためには
* 第二領域ツール
* 第二領域をセルフ・マネジメントする
* 第二領域に生きる
* 第四世代の利点
* デリゲーション:PとPCを高めるために
* 使い走りのデリゲーション
* 全面的なデリゲーション
* 第二領域のパラダイム
* 第三の習慣:最優先事項を優先する 実践編

* 相互依存のパラダイム
* 信頼口座
* 主な6つの預け入れ
* 愛の法則と人生の法則
* Pの問題はPCを高める機会
* 相互依存の習慣

* 第三部 公的成功
* 第4の習慣 W i n―W i nを考える 人間関係におけるリーダーシップの原則
* 人間関係の6つのパラダイム
* どのパラダイムがベストか?
* Win-Win or No Deal
* Win-Winの5つの側面
* 第4の習慣:Win-Winを考える 実践編

* 第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される 共感によるコミュニケーションの原則
* 人格とコミュニケーション
* 共感による傾聴
* 処方する前に診断する
* 四つの自叙伝的反応
* 理解ととらえ方
* そして理解される
* 一対一
* 第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される 実践編

* 第6の習慣 シナジーを創り出す 創造的協力の原則
* シナジーを創り出すコミュニケーション
* 教室でのシナジー
* ビジネスでのシナジー
* シナジーとコミュニケーション
* 第三の案を探す
* ネガティブなシナジー
* 違いを尊重する
* 力の場の分析
* 自然界のすべてはシナジーである
* 第6の習慣:シナジーを創り出す 実践編

* 第四部 再新再生
* 第7の習慣 刃を研ぐ バランスのとれた再新再生の原則
* 再新再生の四つの側面
* 肉体的側面
* 精神的側面
* 知的側面
* 社会・情緒的側面
* 他者への脚本づけ
* 再新再生のバランス
* 再新再生のシナジー
* 上向きの螺旋
* 第7の習慣:刃を研ぐ 実践編

* 再び、インサイド・アウト
* 世代を超えて生きる
* 流れを変える人になる
* 私信

* 私がよく受ける質問

7つの習慣®実践会ワークショップに今すぐ参加する!
7つの習慣®実践会ワークショップに今すぐ参加する!
※書籍をこの機会に手に入れたい方は、書店でも5,400円になりますので、6,000円の参加費で2冊手に入れることができお得です。

※すでにお申込みされていただいている方で、書籍をすでに持っていらっしゃる方は、会場にて4,000円をキャッシュバックいたします。

PAGETOP