認定ファシリテーター紹介 - 尾林 悠平

【プロフィール】

【略歴】
立命館アジア太平洋大学を卒業後、広告写真家として個人で事業を開始
2010年写真スタジオとして「合同会社And1」を設立
2011年広告制作事業をスタート
2013年ブライダル関連の株式会社backscratchの代表取締役に就任(-2018.10)
2015年経験を活かして、ブランド戦略の専門家として活動を開始
2017年化粧品関連ブランド及び商品開発の株式会社C-esta設立
2018年ミスブライダルモデルグランプリ関西・全国大会 特別審査員
2019年茶道表千家家元教授者「佐藤宗美」後援会「宗美竹泉の会」理事就任
2019年4月7つの習慣®︎実践会認定ファシリテーターとなる

広告写真家として活動を開始し、広告制作事業のスタートとともにアートディレクターとなり、日本人なら誰もが知るような大手企業や行政広報、学校法人の広告制作やテレビCM制作をはじめ、大中小の規模は関わらず広告制作業務に携わる。幅広い層の数多くの案件で広告制作を行っていくうちに「売れるお店」「売れないお店」があることに気づき研究を開始。売れているお店の共通点をまとめ、お客様に伝え始めたのがきっかけで現在はブランド戦略の専門家として活動している。7つの習慣®︎の考え方をビジネス・ブランド戦略に応用し、ブランド戦略の中でも特に若年層の人財育成に注力している。

【実践会参加者へ向けてのメッセージ】

はじめまして。7つの習慣®︎実践会認定ファシリテーターのおばやし ゆうへい(尾林 悠平)です。普段はブランド戦略の専門家として企業広告の制作業務や企業における人財育成研修を行っております。僕の個人的な人生におけるミッションは『成長と挑戦』です。常に向上心をもち学び、可能性を広げ、やりたいと思うことに実直に挑戦し続けています。7つの習慣®︎は成長の原則に則った素晴らしい内容で、多くの著名人が7つの習慣®︎を【基礎・基本・本質・原則】であると言っているのが読めば読むほどよくわかります。実践会に参加してくださる皆さんに、その7つの習慣®︎を誤解なくフラットに伝え、皆さんの力で学び、習得し、実践していくためのサポートをするのが僕のこのファシリテーターとしての役割だと思っています。
皆さんとともに僕自身もこの実践会を通して成長し、さらに皆さんに素晴らしいものを手にしていただけるように全力で取り組んでいきます^^
お会いできるのを楽しみにしていますね!

【コントリビューションステートメント】

私は7つの習慣®︎実践会認定ファシリテーターとして、
常に中立であり続け、参加者がお互いを想い合える環境を提供し続け、
実践を通して様々なことへの挑戦を促し、全員の成長を最優先に考え、
子供に夢を叶える楽しさを伝えてあげられるような大人が
ひとりでも多くなっていく世の中を実現していきます。