認定ファシリテーター紹介 - 黒柳 佐智代

【サイトリンク】

https://www.facebook.com/sachiyo.kuroyanagi/

【プロフィール】

黒柳佐智代(くろやなぎ さちよ)
大学卒業後、地元の幼児教育に従事。

わが子の就園を機に、
「子どもたちが持って生まれた可能性のタネを、その子の思いのまま育ちたいように大切に育てたい」
「子ども時代は社会に出る時に人生で役に立つことを学ぶときでありながら、
子ども時代そのものが準備期間だけでなくその人の宝物の時間である。
そんな子どもたちの学びの場を創りたい」
という思いから長年勤めていた職場を離れ、「自由」と「自治」を主軸に置いた
認可外の自主学校である三河サドベリースクール・シードームを2011年に設立。
スクール代表兼スタッフをしながら、3人の子育てに専念する。

書籍「7つの習慣」の読書会を主催し、仲間とともに読み進めることで理解が深まり、
参加者の暮らしに変化が起きていくのを強く実感したことをきっかけに、
「7つの習慣」を読み込んで人生を送ることのすばらしさを実感する。

「主体性をもって生きること」を伝えたいと、以前から思っていたところに、
それにプラスαの数々の原則に則った生き方の魅力に強く心を打たれ、
多くの子やその子に関わる大人にも広めたいと思い、協会認定ファシリテーターの資格を取得。

【実践会参加者に向けてのメッセージ】

「実行に移さなければ、本当に学んだとは言えない。
知識を持っていてもそれを実行しないのは、知っていることにはならないのである。」
とコヴィー博士は書籍「完訳7つの習慣」の「はじめに」の中で言っています。
私自身、初めは読んだだけで知っているつもりになっていました。
しかし、それだけではこれまで読んだ本と変わらず、人生に変化は訪れませんでした。

実践していく仲間が着々と変化しているのを感じて、本気で一か月ずつ、やれるところから実践し、
自分自身の中で少しずつ心の安定、自尊心を実感し行動が変わりました。
すると不思議なことに、少し遅れてわが子たちにも変化を感じるようになったのです。
冒頭のコヴィー博士の言葉をひっくりかえせば、読んで実行すれば学んだことになると
伝えてくれています。やれば変わります。
一人では難しい読み込みや実践も、一緒に過ごす仲間がいれば大きな力を与えてくれます。
一緒に人生の航海を楽しみましょう。

【コントリビューションステートメント】

私自身が「7つの習慣」を日々実践し、自分の人生の最期を常に見据えて
原則中心インサイドアウトの生き方をしていきます。

実践会ファシリテーターとして書籍に準拠したファシリテートができるように、
具体的には毎日の書籍の読み込みと刃を研ぐ努力を続けます。

実践会を通して私に関わる人が、心を安定させ、それぞれの方の奥底にあるボイスを軸に生き、
影響の輪を広げる先には、人々が自分色に放つ様々な色が奏でる鮮やかな虹に囲まれた、
穏やかで心豊かな世界が見えてきます。